たまに「死」について考えます。

あぁ別に、もう死んでしまいたいとか、

そういう感じじゃなくね。

 

概念としての「死」です。

 

「死」というのはやっぱりわたしにとっては終わりなんですよね。

死後の世界とか、生まれ変わりとか、

本心で信じれる人はもう怖いものは無いと思いますよね。

だって死んだって先があると思ってるんだから。

 

フィクションでの「死」なんてのはどうでもよく、

というか置いておいて。

 

伝え聞く「死」の話と、

身近な人の「死」と、

自分の「死」と。

 

これはまったく同列には語れないと思うんですよね。

特に最後の自分の「死」は、

それ以外の「死」とは計り知れない溝があると思います。

 

所詮他人の「死」は頭で考えている、思っていることで、

考えるということそのものが出来なくなる、

ということとは意味が全然違うと思うんですよね。

まったくの無なるわけで。

まさに永眠という言葉がぴったりのような気がします。

 

眠りは目覚めることにより眠っていたことを認識しますよね、

目覚めなくては眠っていたことすら分からないんですよね。

そこにあるのは無です。

このことを考え出すとほんとに「死」というものが、

ホントに怖くて仕方がなくなります。

 

でも日常生活では

そんなこときれいに忘れて、

不摂生に意味無く生きてるのはどうしたもんですかね。

 

 

どうもしないけどね。

 

【引用終わり】

 

これ実は数年前に書いたんだけど、

あんまり変わってないね。

“たまに”が“よく”になったくらいかな。

 

しかし、相変わらず頭悪そうな文章だな。

 

 a flood of circle / IM FREE

このタイトルでいきなり「俺は無価値だ!」って

割とすぐわかるものなのかなぁ。

単純にFREE=自由だと思っていて、

あとから気付いて“あぁ!”ってなった記憶があります。

 

a flood of circleはすごくすきです。

シングル、リード曲は飛ばしたものが多いんですが、

それだけじゃないので。

アルバムを聴いて欲いし、なんならライブへ、もっといいから。

最近行けてないんだけど・・・。

 

佐々木さんのシャウトがすきだ。

激しいだけなく、

“YU-REI Song”のシャウトとかすごくすきなんですよね。